大山の登山コース・観光スポット・周辺グルメ情報(神奈川県伊勢原市・秦野市・厚木市周辺)

大山登山 oyamatozan.com

アドセンス 記事上




登山コース

女坂

投稿日:

表参道登山「女坂」コース

こま参道を通過し追分社手前で左側の道を進むと「女坂」登山コースの開始です。男坂に比べると比較的緩やかとされている女坂ですが、それでもそこそこの登山コースですので侮らないようにしましょう。こちらの女坂は途中「大山寺」を通り、大山阿夫利神社へと続くルートになります。

「女坂に七不思議あり」の看板があります。登山ルートの途中、途中にこの七不思議がでてきます。

この「女坂」は大山寺への参拝ルート「不動尊道」でもあります。

それでは大山表参道「女坂」の登山開始です。初めは緩やかな階段が続きます。これくらいなら普通に登れます。

橋もあり登山道としては整備されている方ですので、歩きやすいです。

階段の段差も「男坂」に比べると緩やかです。

だんだん山の中に入ってきた感じが出てきます。「男坂」に比べると「女坂」の方が登山者は多いです。

このような山道の方が登山の雰囲気がでますね。

古い道しるべがあります。三町目となっております。

続いて無縁佛供養が現れます。

ここから先に「女坂の七不思議」が出てきます。

その一 弘法の水(こうぼうのみず)

その二 子育て地蔵(こそだてじぞう)

その三 爪切り地蔵(つめきりじぞう)

その四 逆さ菩提樹(さかさぼだいじゅ)

ここで「女坂の七不思議」は一時中断し、「前不動」と「龍神堂」が見えてきます。

「前不動」

「龍神堂」

「龍神堂」を過ぎると大山寺の厄除かわらけ投げの輪が見えてきました。もうすぐ大山寺です。

「大山寺」本堂と大山ケーブルカーの「大山寺駅」への分岐案内版です。

大山ケーブルの大山寺駅の途中には「十一面観世音」、「幸福の鐘」があります。今回は大山寺本堂に続く階段をの登ります。左右に沢山のお地蔵様がおります。この階段を登り、大山寺を参拝します。

大山寺の先に公衆トイレがありますので、こちらでトイレ休憩を済ませます。

ここから先に「女坂の七不思議」の続きが出てきます。

その五 無明橋(むみょうばし)

その六 潮音洞(ちょうおんどう)

ここでも古い道しるべがあります。こんどは十一町目となっております。

その七 眼形石(めかたいし)

以上が「女坂の七不思議」でした。この先からは大山ケーブルカーが見えます。

いよいよ「女坂」コースも終盤です。この急な階段を登り終えると。

 

 

「男坂」から登って来るコースと合流します。

大山阿夫利神社の下社まではもうすぐです。下社までの道の途中、公衆トイレがありますので、トイレ休憩をここで済ませます。

大山の公衆トイレはチップ制となっておりますので、トイレ利用協力金50円/1回を大山公衆トイレチップ塔へ入れます。

 

スポンサードリンク




スポンサードリンク




Amazonリンク

日帰り登山の持ち物・必需品チェック!準備万端で登山を楽しみましょう!

手軽に日帰り登山が楽しめることが魅力の大山ですが、最低限の準備と装備は必要です。登山が初めての方からベテランの方まで、日帰り登山の必需品で忘れ物がないかこちらから持ち物のチェックをどうぞ

日帰り登山の持ち物・必需品チェック一覧

-登山コース

Copyright© 大山登山 oyamatozan.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.